>  > 仙台の風俗事情

仙台の風俗事情

宮城県は東北随一の風俗店の多さを誇っています。その理由はなんといっても隣県に負けないほどの人口と需要があるからなのです。その中心地こそが仙台市になります。仙台は色々な意味で恵まれた土地であると考えられる理由がいくつも存在しています。観光面で考えると正直、直接的な理由がなければ訪れることはまずないでしょう。もちろん、東北隣県を跨いでの旅行ツアーのようなものであれば、訪問地として宮城が外されることはないでしょう。しかし、北海道から東京方面への移動やその逆の移動に関してはなかなか成立しないものがあります。今でこそ新幹線などの交通機関が非常に使い勝手の良いものになっていますが、新幹線であっても青森東京間は3時間です。つまり、メインの訪問地として伺う目的がない限り、なかなか宮城県に立ち寄るという選択肢はあまりないのです。さらに、飛行機等の選択肢も当然ありますが、その利用率はさほど高くはありません。地元に住む方や帰省する人は、飛行機の利便性を理解しているため利用機会も多いでしょうが、一般の観光客の頭に飛行機はあまりないのです。逆に、北海道や沖縄といった地域の方が利用率は飛びぬけて多いと考えられるでしょう。話を戻しますと、仙台に関しては決してアクセスが良いわけではない部分で滞在者が多いという利点があるのです。また、仙台には出てくるものの他県や東京方面に向かうことも簡単ではない分、地元が発達していくという図式が成り立っているのです。ですので、宮城含め隣県でお金を稼ぐために風俗をはじめようと考えている女性なども仙台に出てくるのです。そして他県に移ることもないのです。東北で言う重要都市なわけですから、それ以上がないのです。さらに、仙台に人口が集中することによって様々なビジネスが集まり活気を見せます。ですので、主要市街に点在するよりも仙台に風俗店が集まった結果が現在の国分町・立町エリアの風俗街となったのです。これも単に需要があってこそのものでしょう。不要でない業界ですので、地域の勢いそのままに仙台市という地で繁栄をしてきたものと考えられます。すると、今の時代ではデリバリーヘルスなどのジャンルも発展して来ています。出張先や観光地としてホテル等の施設に滞在する頻度の多い土地柄故の得がここにはあるのでしょう。爆発的な人気となっていったことは想像に難くなく、当たり前の状況であったと言えるでしょう。また、冬にもなると雪深い地域でもありますので、デリヘルで働く女性たちは美人が非常に多いです。また、宮城の女性はエッチなことに対して奥手な傾向が強いです。普段はなかなか積極的に行動することが出来ないような部分も風俗というお仕事を理由に活発さがます相乗効果もあるようです。東京都同じような大都市雰囲気がありますが、デリヘル等風俗店の価格もリーズナブルであり利用に不満を感じさせる要因も少ないと考えられます。もちろんデリヘル等だけではなく他県都市と変わらずキャバクラなどの夜のお店が多いので、局所的に発展している訳ではなく首都圏同様の盛り上がりが存在しているのです。

[ 2016-05-03 ]

カテゴリ: 風俗全般